宝石が和名を使っている理由について

宝石を見る時において和名を使う事がどのような意味を持つのかと言えば宝石を和名に変換する事によって対象となる宝石が持つ特徴が宝石を見なくても理解出来るようになる点が和名を使う理由として挙げられます。例えばルビーは漢字に直すと、紅玉という文字ですが玉という言葉は丸い形を意味しており、紅という言葉は真っ赤な色であるという意味合いを示しています。この二つを組み合わせると、真っ赤な丸い玉という事が言葉を見るだけで分かります。言葉を使って形を示す事は目が見えなかったり、その物がない事に対して説明する時に言葉を用いる事によってその物の質や形や色などの特徴を見た事が無い人等に説明をする事が出来るようになる事が挙げられます。また、それらの文字を使う事によって文字から連想される印象が理解する事が出来、赤いルビーで例えると真っ赤な情熱のような意味が連想する事が出来ます。これらの文字の連想と説明が出来る点が本来の文字として理解していなかった日本人に分かりやすく説明する為に作られた造語の一つであります。